EHIME DESIGN ASSOCIATION
はじめての方へ サイトマップ お問い合わせ |文字サイズ 大きくする 元に戻す
エヒメデザイン協会
エヒメデザイン協会とは 活動報告 未完塾 協会員の活動 会員紹介 入会案内
 
トップ > 活動報告 > 主催・共催事業 >エヒメデザイン協会新年会 如月の縁会
 

活動報告

エヒメデザイン協会新年会 如月の縁会
■と き:2004年2月14日(土)午後7時〜9時30分
■ところ:いよてつ高島屋8Fスカイドーム

去る2月14日、いよてつ高島屋8Fスカイドームにてエヒメデザイン協会の新年会を開催いたしました。
今年はより多くの方にEDAの活動をPRするとともに、より多くの方と「縁ーenishi」をつなぎたいとの思いを込めて、『如月の縁会』と題し、会員のみならず、高校生から年輩の方々まで、会員以外の一般の方にも多数参加いただきました。
メインゲストには、かのスタジオジブリ作品などで活躍されているアニメーション美術・挿画家の男鹿和雄氏をお招きし、男鹿氏が美術監督や背景画を手掛けられた映画『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』などの制作秘話や、絵本『ねずてん』にまつわる想いなどを語っていただきました。また(実は男鹿氏と同級生である)EDA山内会長とのアートトークも企画。高校生たちからのさまざまな質問も交えながら、楽しく実り多いトークが繰り広げられました。
トーク終了後は、ピアノ生演奏によるライブ&会食。『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』といったジブリ作品のテーマソングをはじめ、おなじみのスタンダードナンバーが次々に奏でられる中、男鹿さんを囲んで自由に歓談。今回、初めて一般の人を交えて開催した「如月の縁会」でしたが、しだいに和んだ雰囲気になり、皆さんそれぞれに素晴らしい「縁ーenishi」を結ばれたようでした。それでは以下その模様を一部抜粋してお伝えします。
■スライド上映
司会の野沢美智代さんのナレーションにより、エヒメデザイン協会の活動の数々をスライドで紹介。一昨年末の『光とあかりと城』のほか、ジェイウイングファーム代表・牧秀宣氏を招いての特別講演会、和紙彫塑家・内海清美氏による川之江・新宮村での講演・座談研修会などの模様が紹介されました。

■日専連えひめ平松会長挨拶
男鹿氏が特別審査員を務める「えひめ児童版画コンクール・天才ちるどれん」の主催者である日専連えひめ平松会長より挨拶があり、男鹿氏への感謝の言葉と版画展のPR、そしてEDAへのご祝辞をいただきました。

■中村市長挨拶
公務の為、アートトークに参加できなくなった中村市長から急きょ挨拶。築城400年祭の『光とあかりと城』への協力や、市役所のサインデザイン等の提案に対し、御礼の言葉をいただきました。また『平成狸合戦ぽんぽこ』のギョウブダヌキや、『千と千尋の神隠し』の“湯屋”のモデルとされる道後温泉本館など、ジブリ作品と松山の関わり合いにも言及。意外なジブリ通ぶりを披露されていました。
■乾杯
乾杯の音頭は会員の有高智佳代さんに指名。現在、有高さんの所属団体である「伊予水引金封協同組合」とEDAが協力して進めている地場産業活性化事業の『美結(みむす)水引展』について大いにPRしました。
■ 会食
背景スライドと「となりのトトロ」のライブ演奏をBGMに会食。
■ 男鹿和雄氏と山内会長のアートトーク
実は本日のゲスト男鹿和雄氏とEDA山内会長とは、東京のデザイン専門学校時代の同級生。しかもそのときの先生があの和紙彫塑家の内海清美氏という驚くべき「縁」が、本日の「如月の縁会」開催の背景にはありました。
そんなわけで「びんさん」「男鹿」と互いに気やすく呼び合う二人のトークは、とても気軽な雰囲気で進行。スタジオジブリ作品の背景画のすばらしさや美術監督の仕事について、男鹿さんご自身や山内会長の解説を交えながら紹介。その後、中高生を中心にさまざまな質問もあり、男鹿氏が一つ一つていねいに答えられました。『となりのトトロ』等のアニメーション製作の興味深いお話もあり、若い学生さんたちをはじめ、会場の皆さんも大いに満足されたのではないでしょうか。
■ピアノ演奏によるライブ&会食
『もののけ姫』『千と千尋の神隠し』『ふるさと』『ムーンリバー』『星に願いを』などのナンバーが次々に演奏される中、男鹿氏を囲んで和やかに歓談。また男鹿氏の絵本『ねずてん』のほか、エヒメデザイン協会関連の本の紹介があり、男鹿氏のまわりには本にサインを求める人の行列が…!

■牧秀宣氏挨拶
歓談の途中、山内会長より第32回日本農業賞大賞を受賞されたジェイ・ウイングファームの牧秀宣氏が紹介され、変化する時代の中での「農業とデザイン」についてお話いただきました。

■山内会長閉会挨拶
最後は「ここにいるみなさん、デザイニストです」という山内会長の挨拶で締めくくりました。


最後になりましたが、版画展の審査でお疲れのところ、遅くまでお付き合いくださった男鹿先生をはじめ、「如月の縁会」にご来場くださいました来賓の皆さま、本当にありがとうございました。そして、この会を支えてくれたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。私も参加者の一人として、何がしかの「縁」を得られたと思います。ありがとうございました。

<渡邊 和彦>


 

エヒメデザイン協会事務局
(有)アセムスタジオ内
TEL 089-970-2878 FAX 089-970-1790 メールでのお問合せ
  Copyright2009@ Ehime-design-society.All Rights Reserved.