EHIME DESIGN ASSOCIATION
はじめての方へ サイトマップ お問い合わせ |文字サイズ 大きくする 元に戻す
エヒメデザイン協会
エヒメデザイン協会とは 活動報告 未完塾 協会員の活動 会員紹介 入会案内
 
トップ > 活動報告 > 主催・共催事業 >砥部登り窯フェスタ2007前夜祭「響炎」 津軽三味線とジャズピアノの響宴
 

活動報告



この秋、エヒメデザイン協会では、地元砥部にて開催されている「火と炎」の祭典〈登り窯フェスタ〉に初参加。ドラマチックな登り窯の炎を前に、津軽三味線奏者・小林史佳氏と地元ジャズピアニスト・伊賀上紘滋氏をゲストに招き、津軽三味線とジャズピアノの〈響宴・シンポシオン〉を開催しました。
〈炎〉〈夢〉〈月〉など観客から「お題」をいただいての即興のセッションは、伝統と現代、二人の奏者が技を競う、まさに白熱の〈競演〉に。
来場者は280名。砥部焼の里に、音楽、陶芸、デザインなど、さまざまな垣根を越えて多くの人々が集い、熱い思いを響かせ合いました。砥部登り窯フェスタ前夜祭『響炎』の詳細は、以下〈参加者レポート〉をご覧ください。

 
 

ごあいさつ

「打てば響く」という言葉があります。

お互いを成長させ合うためには、これほど良い関係はない、と

思うのですが、社会が便利になればなるほどにこの関係が希薄になり、

打っても打っても響かない関係が多くなっています。

津軽三味線の小林さん、ジャズピアノの伊賀上さんの2人の饗炎は

まさに「打てば響く」を感じさせてくれました。

産地と消費者、また新と旧などが良い音色で響き合う関係になれば

新しい何かが産まれる、そのようなメッセージが届けられたらと

計画した「饗炎」イベントでした。

スタッフの皆さんお疲れさんでした。


山内 敏功

   
 


 

エヒメデザイン協会事務局
(有)アセムスタジオ内
TEL 089-970-2878 FAX 089-970-1790 メールでのお問合せ
  Copyright2009@ Ehime-design-society.All Rights Reserved.